レディ

かかると大変な病気|精神病は心から浸食される

パニック障害は治療が必要

診察

今、私たちの生活はストレスを抱えるような出来事が多いため、精神病を起こす人たちが少なくはありません。 精神病のひとつにあげられるパニック障害は、強い不安を感じたりして普通に過ごすことができなくなる場合もあるのでメンタルクリニックの受診が必要です。

Read More

治療さえ受ければ治る

病院

精神病は精神科や心療内科などがある病院で治療を受ければ治るので、病院選びは適当に行なわず信頼できそうな医師を選択するようにしよう。精神病の専門治療病院では、精神病の種類を的確に突き止めて、患者に合った治療を適切に行ってくれるだろう。

Read More

治療が可能な病気

女性

分析が進んでいる

精神病とは、こころや人格に不調をきたしているもの全てを指しています。特に定義はありませんが、世界保健機構は一定の区分を提示しています。この世界保健機構は精神病の症状をいくつかに分類しています。まずはアルツハイマー病を代表とする精神障害であり、これを発すると脳への外傷や脳こうそくなどが引き起こされます。またアルコール依存症や薬物依存症などで、酒や薬を過剰に取ることで引き起こされることがあるでしょう。さらに総合失調症が挙げられ、これは思考と行動が統合する能力が、長期間において著しく低下している状態を指します。加えて、うつ病などの気分障害やノイローゼ、拒食症や過食症または睡眠障害もその対象になっています。また人格障害や性同一性障害、精神遅滞も精神病に分類されています。研究者によっては自閉症などの発達障害や成長期における情緒的障害も、その範囲内に規定しています。現在はさらに精神病に関して研究が進んでいます。区分が細かくなることで、適切な処置が可能になり、治療も成功しやすくなってきています。以前は区分が出来ず、精神病患者への対処は原因への対処ではなく、患者の行動を抑制するものでした。精神病患者の多くは原因はさまざまですが、暴力的になったり理解できない行動をとっていたりしてしまうので、その行動自体をやめさせる鎮静剤に頼っていたのです。現在は、脳内物質のバランスの崩れが原因だとわかったら、それを整える薬を処方したり、社会の常識とのズレで自信が奪われているのならその自信を取り戻すようなカウンセリングをしたりすることによって、症状を緩和する対策ができるようになりました。

家族もともに

精神病も、一般的な病気と同様に、先天的なものもあれば後天的なものもあります。事故などによって突然生じるものもあれば、生活環境によって徐々に引き起こされるものもあります。近親者の罹患率が高ければ高いほど、発症率が高くなるものもありますが、必ず発症するとは限りません。これはガンと同じです。ただ、他の人よりも発症率は高いという認識を持つことが大切です。他の人よりも予防に気を付けることで発症を防ぐことができます。精神病は強いストレスによって引き起こされるものも多いです。1つの事柄で引き起こされることもありますし、複数の事柄がこころに蓄積されることによって引き起こされることもあります。特に後者の場合、徐々に進行していくので自分の変化に気づかないケースが多いです。放置しておくと精神病が進行し重症化する恐れがあるので、早めの対策が必要です。精神病の研究は進んでいますが、その理解は一般にまだ広がっていないのが現状です。精神病患者は自分も苦しみますが、その行動で家族も巻き込みます。また、家族の行動が患者をさらに苦しめたり、精神病の1つの原因になったりもします。病院へは、患者本人だけでなく家族も一緒に行くのがいいでしょう。患者本人は精神病の原因やストレス要因への対処法を学び、家族は患者の行動への対処法を学びます。

妄想や幻覚が出る症状

男性と手

精神病とは、統合失調症や双極性障害を1つの分野にまとめた病名で、妄想や幻覚をともなうのが特徴です。はっきりとした発症の原因は分かっておらず、脳のドーパミンが過剰に分泌されることが有力な説となっています。精神病の治療では、過剰なドーパミンを抑える薬や、心理的な面からアドバイスが行われていきます。

Read More

さまざまな症状があります

ナース

精神病は誰にもかかる可能性のある心の病気です。ストレスがたまり、憂鬱感や不安感などがなかなか晴れず、日常生活に支障をきたすようになる前に、本人や周囲の人が気づいたらすぐに心療内科などを受診して検査や治療を受けることをおすすめします。

Read More